Message04 鮑 文

経理部経理グループ

社内職務履歴・担当業務・心がけていること

2012年に入社し、経理部経理グループに配属となりました。会社に入り、最初は決算明細書の確認など基礎的な仕事を行っていましたが、今では減損や退職給付会計、法人税の計算など複雑な仕事も任されるようになりました。経理の仕事は数字を扱うばかりで、窮屈なイメージがあるかもしれませんが、会社の状況を数字だけで表すことができ、私にとって非常にやり甲斐があり、魅力的な仕事です。

経理は規則性が強い仕事です。毎月の事業会社や各子会社の現状把握、三ヶ月に一回の四半期決算、年に一回の期末決算、そして予算や会計士との打ち合わせなどを行い会社の経営成績を管理しています。私もスケジュールに沿って各イベントの一部の作業を担当しています。

業務の中で心がけていることは、作業の改善です。経理での作成資料は以前の資料を引き継ぎ、現在のデータに置換えるものが多く、今までのやり方をまず学び、理解するのが一番大事ですが、ずっとこのやり方でいいのか、今のやり方よりもっと簡単でミスが発生しにくい方法がないかを考えつつ、正確かつ素早く資料を提供できるよう作業の改善を行っています。

将来やってみたい仕事

今担当する業務を行うための勉強がまだまだ不足しているところも多く、数字を作るだけで精いっぱいで、数字がなにを意味しているのかを考える余裕が中々ありません。これからは、さらに勉強し、数字の意味を理解し、業績改善を提案できるようになりたいです。そして、身につけたスキルを生かし、子会社の支援はもちろん、可能であれば現地の経理担当者として活躍をしたいです。
なぜならば、一つ目は森六ホールディングスは持株会社なので、各拠点が作った数字をまとめるのがメインの仕事ですが、現場に行き、一から数字を作りたいからです。二つ目は、国によって、異なる会計処理ですが、はじめは不思議だと思っても、よく考えるとその理由がわかります。もっと深く考えるとその国がなぜこのような法律を作ったのか、その国の性格までわかり、私にとって大変面白いところだからです。又、違う国に行き、様々な方々と巡りあうことができるのも私の夢です。

森六ホールディングスについて感じていること

持株会社なので、どのような仕事をしているかがイメージしにくいかもしれません。一言でいうと、グループ全体への提案や方針の策定をしたり、グループ会社の管理業務を受託する会社です。日々の仕事でグループ全体の状況を把握することができます。
職場はとても安心することができ成長しやすい環境です。私は、中国から来日し、2年間の留学生活を過ごし、卒業後すぐ入社したので、日本語もそこまで上手ではなく、不安な気持ちでいっぱいでしたが、上司や先輩が丁寧に教えてくださり、今も感謝の気持でいっぱいです。そして、皆さんは親切なだけではなく、やりたい仕事に対して、時間をかけてでも熱心に教えて下さり、ミスするリスクがあっても担当させてくれますので、様々なことを経験することができ成長しやすい場所だと感じています。

仕事以外の楽しみ

運動が苦手な私はインドアで過ごす事が多いです。本を読むことや、映画を見ることが大好きです。気になる映画であれば何回も見に行きます。
また、ディズニーランドやシーに行くことが楽しみで、毎月行くほどです。そして、親友と買い物や旅行に行くなど充実した休日を過ごしています。

学生のみなさんに一言

上司から言われた言葉ですが、「他人と比べないこと」。人それぞれ自分のペースがあるので、焦らずちょっとずつでいいのでなりたい自分に近づけばいいと思います。就職活動も同じく大きい会社だからいい、小さい会社だから悪いではなく、自分自身で考えて一番自分に合う会社を選ぶのが大事だと思います。
留学生の皆さんも私のように日本語に自信がなくても、仕事を通じ、やりたい仕事を任せてもらい、少しずつ自信を持てるようになると思うので、ぜひチャレンジしてみてください。