人材への取り組み

基本的な考え方

森六グループの経営理念と行動指針を源流に人事ポリシーを策定しました。この人事ポリシーは、グループ全社員と共に目指す姿、ありたい姿を明文化したものです。これをグループ共通の価値基準とし、森六の強みを伸ばしながら、グループのより一層の一体感を醸成していきたいと考えています。

森六グループ人事ポリシー

  • 主体的なチャレンジと成長への取り組みを応援します
    • 高い能力・スキル・情熱のある人材にストレッチした役割を与え、個人の成長が、会社の成長につながる環境を作り上げていきます。
  • チャレンジへの行動・プロセス・スタンスをフェアに評価します
    • 役割に応じた高い目標を設定し、成し遂げた成果や、成果につながる行動を評価します。
  • 個々の能力を集結し、チーム力を発揮できる環境を整えます
    • チーム内での対話力を向上し、目標の共有、多様な価値観や意見を受け入れ活用する(新しいアイディア)組織風土を作り、チームとして貢献していきます。
  • グローバルな視点で様々な能力、スキルを発揮できる人材を育てていきます
    • 専門性を磨き、企業価値向上に貢献する人材を評価できる仕組みを整えます。
    • 国内外を問わず活躍する機会を積極的に提供し、世界で通用するプロフェッショナル人材を計画的に育成していきます。

人事制度を通じた取り組み

社員に期待する役割の明確化

  • 職群・等級等に期待役割を明確化した「等級定義」・「評価基準書」を整備しています。
  • 「等級定義」はすべての社員に開示されています。自身に期待される役割・行動が明確となり、次のステップを目指すためには何が必要なのか、分かりやすく示しています。

キャリアの多様化

  • 管理職層で「マネジメント(MG)」と「スペシャリスト(SP)」の二つのコースを設けることで、能力や適性に応じた活躍・キャリアアップを可能としています。

コミュニケーションの活性化とキャリア支援

  • 中間面談やキャリア面談の実施など、上司と部下のコミュニケーションを拡充・強化するための施策を通じ、社員の成長を支援します。
  • 自社の風土を客観的に把握しながら、組織の良いところを強化し、課題のあるところを改善するために、社員の声を経営に届けるエンゲージメント調査を実施しています。

ダイバーシティ

基本方針

多様な人材・価値観を認め合う、そして活かし合う

森六グループは、多様な人材の成長なくして森六の成長なし、という考え方のもと、ダイバーシティ推進に取り組んでいます。

当社グループは経営理念において「未来を先取りする創造力と優れた技術で高い価値を共創し、時を超え、グローバル社会に貢献する」ことを掲げ、国内のみならず海外に向けても優れた技術力とサービスを提供し続けてきました。

社会環境は、労働人口の減少による慢性的な人材不足、グローバリゼ―ションの加速、女性の社会進出拡大や少子高齢化に伴う介護問題など、大きく変化しています。このような状況下において、長期経営ビジョン『MI400』を目指し成長を続けていくためには、グループ全体でのイノベーション創出が重要となります。固定化した考え方ではなく、年齢・性別・国籍・障がい、価値観といった、様々な違いを従業員一人ひとりが認め合い、チーム力を発揮し活かし合っていくこと。それこそが、経営理念にも掲げた「未来を先取りする創造力」の具現化につながるはずです。

このような方針のもと、社員それぞれの能力や個性を最大限発揮し、いきいきと働く環境・職場づくりを実現するため、ダイバーシティ推進活動を行っています。経営トップによる「ダイバーシティ推進キックオフ宣言」のもと、全従業員を対象に、理解促進のためのセミナーを実施し、社員の意識改革と風土醸成に取り組んでいます。加えて、多様な人材で構成する委員会を中心に、ダイバーシティ推進が進んだ先の理想の姿(ありたい姿・あるべき姿)を描きつつ、その実現に向け、活動を続けています。

今後のさらなるグローバル化を目指し、私たち森六グループ全員で力を合わせ、ダイバーシティ推進に取り組んでいきます。

図:ダイバーシティの基本的な考え方
森六グループの経営理念である「人間尊重」に基づき、性別・国籍・障がい・シニア・価値観等に関わらず、実力を発揮できる環境を作り上げるため、多様性推進に取り組んでいきます。

目標設定

  • 両立支援とキャリア形成支援
  • 多様な人材の活躍推進
  • グローバル人材の育成強化
  • チャレンジしやすい環境整備と成長機会の積極提供

ご相談・お問い合わせ

ページトップへ

ページトップ