中部化学株式会社・M&Cテック

プラスチック押出成形専門メーカーとしての技術を提供します

昭和25年に名古屋市北区黒川にて創業し、プラスチック押出成形のスペシャリストとして成長してきました。プラスチック材料の押出成形技術を活用し、自動車産業をはじめ、弱電分野、建材分野など幅広い業界に製品を供給しています。これからも日々、研鑽に励み、プラスチック押出成形専門メーカーとして培った技術を伝承・発展させていきます。

会社概要

所在地

〒505-0305
岐阜県加茂郡八百津町和知桶ヶ洞3091-14

代表者

代表取締役社長  山口 俊樹

資本金

60,000,000円

従業員

168名

設立

1960年11月5日

事業内容

プラスチック異形押出成形
押出成形品後加工(射出成型、溶着、切欠きプレス、テープ貼り)

事業紹介

主要取扱製品

建材・弱電関連

ドアの樹脂枠
配線隠し(モール)
冷蔵庫のパッキン

自動車関連

ドア軟質樹脂部品(左)/窓枠樹脂部品(右)

製造プロセス

技術開発から量産まで

提案

お客様と営業スタッフがきめ細かくコミュニケーションをとることで細かなニーズに対応します。

開発

プラスチック原料メーカーとの連携のもと、原料の特性を生かした生産技術の開発にも努めています。

試作

試作を繰り返し、常に新しい押出成形の可能性を追求しています。

量産から納品まで

品質保証
ISO9001認証取得によって
整備された品質保証体制

押出成形

小ロット生産にも対応できる生産ラインを確保しています。

加工

きめ細かな要望にお応えするため、機械では対応できない加工も手作業によって丁寧に仕上げます。

出荷梱包

ダイレクト発送により短納期にも対応します。

主要設備

  • 生産ライン:29ライン
  • 2/3/4色成形:10ライン
  • 機械サイズ:Φ65~Φ25mm
  • 射出成型機:6台

品質・環境への取り組み

  • ISO9001、ISO14001認証を取得しています。
  • 既存の製品をゴールとせず、絶えず改善に取り組んでいます。

ご相談・お問い合わせ

ページトップへ

ページトップ