新型コロナウイルス感染症に関する森六グループの取り組み

このたびの新型コロナウイルス感染症でお亡くなりなった皆さまに謹んでお悔やみ申し上げるとともに、罹患された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
森六グループはこの未曽有の事態に際し、いち早く対処・対応を進めてまいりました。感染拡大当初から現在に至るまで、国内外の社員とご家族、関係者の健康や安全を最優先としながら、事業活動の継続に努めています。
オフィス部門では、新たなワークスタイルの構築に向けて、テレワーク導入やWEB会議の活用など、就労環境の整備や社員の意識改革を進めています。同時に生産現場では、感染リスクを最小限に抑えながら、お客様への供給責任を果たすべく最大限の努力を続けております。
「ウィズコロナ」のなかで、世の中の仕組みや働き方は劇的に変化しました。多様な働き方や価値観を認め合って生産性を高め、新たな時代に求められる価値を創造する企業に進化していきます。これからもグループ内外の力を結集して、400年企業に向けた新たな挑戦を続けてまいります。

基本方針

以下の基本方針に則り、新型コロナウイルス感染症に対応しています。

基本的な考え方

  • 森六グループ各社の従業員の健康・安全を最優先とする。
  • 各取引先とも緊密な連携を取り、事業の継続に必要な対応を行う。
  • 森六ホールディングス、森六テクノロジー、森六ケミカルズは、各グループ会社への必要なサポートを行う。

新型コロナウイルス対策本部

森六ホールディングス株式会社の社長を本部長として対策本部を設置し、迅速かつ機動的に対応できる体制を整備しています。各部の主な役割は、右表のとおりです。

新型コロナウイルス感染症対策本部 体制図
担当 主な役割
対策本部長
  • 危機管理対応の全般統括
  • 対策本部設置の決定
  • 平時体制移行の決定
対策事務局
  • 対策本部の設置
  • 各拠点への情報発信と情報収集
  • 対策本部長補佐
  • 危機管理対応の社内調整
  • 政府(現地地方政府含む)の情報収集・集約
管理部
  • 必要物資の手配
  • 状況、情報の社内周知
広報・IR部
  • 広報、マスコミ、官公庁対応
人事部
  • 駐在員の状況確認と最終とりまとめ
  • 従業員の健康管理
経理部
  • 資金需要の把握と緊急用資金の確保
情報システム部
  • 業務の安定稼動のための措置
  • 代替システム運用の指揮
法務知財室
  • 法的問題に係る調査と法的領域の対外的対応
事業会社
  • MC/MT各部の情報収集(営業継続の可否、地域周辺状況)と部門間の調整連絡
  • 対策本部の決定方針の指示
  • 現地への情報発信と情報収集
海外現地法人・グループ会社
  • 現地の取引先の状況
  • ローカルスタッフの状況確認

森六グループにおける感染予防対策

  • 全事業所での検温実施、消毒液設置
  • 会議室にパーテーションを設置
  • 時差通勤の励行
  • 在宅勤務の励行
  • オンライン会議の推奨
  • 全従業員に対し、特別一時金(5万円・3万円)を支給

出勤者数削減の実施状況

製造現場などを除き、在宅勤務を積極的に推進しています。
引き続き、政府および自治体の方針に基づき、感染拡大防止に向けて最大限に協力してまいります。

出勤者の削減率(2021年3月~5月)主に営業/事務系職場

事業所 3月 4月 5月
東京エリア事業所 70% 69% 67%
大阪エリア事業所 77% 79% 80%
名古屋エリア事業所 77% 75% 64%

出勤者数削減に向けた具体的な取り組み

  • オンライン会議システムの導入と使用推奨
  • 社内ネットワークへの接続インフラを増強
  • 電子申請などペーパーレス化の奨励
  • 国内出張・外出の自粛

社会貢献活動としての取り組み

ご相談・お問い合わせ

ページトップへ

ページトップ