森六テクノロジーの生産技術

当社の強みは、製品の企画から設計、金型設計・熟成、試作・試験、量産にいたるまでを一貫で行う体制にあります。これによりお客様ニーズを確実に採り入れ、QCD(品質・コスト・納期)の揃った製品を提供することが可能となっています。

開発計画

生産に用いる金型と治具・設備の仕様や設計を検討

  • 金型開発計画
  • 流動解析
  • 治具・設備開発計画
  • 専用治具・設備検討
写真:CAEを活用して流動解析を実施
CAEを活用して流動解析を実施

仕様書作成

金型と治具・設備の設計仕様書を作成し、実際の金型や図面に反映

  • 金型仕様書作成
  • 金型確認・成形立ち合い
  • 治具・設備仕様書作成
  • 治具・設備図面確認
写真:仕様書どおりの金型で成型が可能か確認

仕様書どおりの金型で成型が可能か確認

写真:治具・設備の設計が図面に反映されていることを確認
治具・設備の設計が図面に反映されていることを確認

金型製作の流れ

1.設計・CAM

写真:設計・CAM

2.機械加工

写真:機械加工

3.仕上げ

写真:仕上げ

検証

金型と治具・設備の精度を検証、不具合がないか見極めを実施

  • 検具測定/実車検証
  • 成形品の3次元測定機測定
  • 治具・設備検証
  • 治具・設備修正指示
写真:非接触レーザーで成形品の精度を確認

非接触レーザーで成形品の精度を確認

写真:製作した治具・設備に不具合がないか見極め

製作した治具・設備に不具合がないか見極め

量産開始

量産可能と判断した金型と治具・設備を工場に移管、量産開始

  • 金型移管
  • 治具・設備移管
  • 量産・海外拠点技術指導
  • 量産開始
画像:金型と設備・治具を工場に移管し量産。設備・治具の使い方や技術のポイントはあらかじめ各拠点に説明し、整合を図る
金型と設備・治具を工場に移管し量産。設備・治具の使い方や技術のポイントはあらかじめ各拠点に説明し、整合を図る
ページトップへ

ページトップ