インストルメントパネルモジュール開発

先行開発した技術をベースとして、自動車開発の初期段階から顧客のプロジェクトに参画し、インストルメントパネル(以下インパネ)の基本的な骨格を構築していきます。
設計フェーズでは、CAEを使用して、成形流動予測や剛性予測を行うほか、完成したプロトタイプは自社の試験設備を用いて性能評価を行います。
また、インパネに組み込む周辺部品(グローブボックス類、パネル類、アウトレット・ダクト類など)も同時に開発設計し、組立済みのインパネモジュールとして納入することができます。

CAE(Computer Aided Engineering):研究・開発工程において行われる実際の素材を用いた試作品によるテストや実験に代わり、コンピューター上に疑似的に再現した試作品でシミュレーション解析を行う技術。

SRSエアバック用テアライン加工

エアバックが展開する際、破片が飛び散り、乗員に怪我をさせることがないよう、特殊な加工をする必要があります。森六テクノロジーでは、高外観で廉価な最速のSRSエアバッグ用テアライン技術を保有しています。

SRSはSupplemental Restraint System(補助拘束装置)の略

写真:SRSエアバック用テアライン加工

技術の特長

インパネモジュール設計技術の特長

インパネ本体と組み込まれる部品を一貫して手掛けることで、以下のメリットを実現します。

  • 部品同士の合わせ面における段差や隙間を最小化します。
  • 可動する部品(エアコン吹き出し口など)の操作感を統一することができます。
  • 色・艶・シボなど、外観の統一感を演出します。

SRSエアバック用テアライン加工技術の特徴

  • テアライン加工痕(内側から割れるための切れ目)が表面に現れにくく、高い外観商品性を確保します。
  • 従来の加工設備に比べて省電力・省スペースであり、環境負荷の低減につながります。
  • 加工サイクルの短縮、塗装レスを実現し、生産コストの低減につながります。

適用事例

インパネモジュール設計適用事例

写真:インパネモジュール設計

自動車のインパネモジュール

SRSエアバック用テアライン加工技術事例

写真:インストルメントパネル、SRSエアバッグリッド

自動車インパネ、SRSエアバッグリッドなど

展開性能評価の実施を社内で行い、
安全性の確認を行っています。

設計から生産まで 森六のインパネモジュール開発技術

CAE解析による成形流動予測~剛性予測

写真:ウエルド位置解析
ウエルド位置解析
写真:製品剛性解析
製品剛性解析

性能評価

開発センター試験設備

写真:振動試験機
振動試験機
写真:大型恒温恒湿槽
大型恒温恒湿槽
写真:インパネ衝撃試験機
インパネ衝撃試験機

工場製造設備

写真:大型成形機
大型成形機
写真:大型マスキング塗装
大型マスキング塗装
写真:組立ライン
組立ライン
ページトップへ

ページトップ