コンソール

オール樹脂のヒンジ、加飾シャッターなど、特色のあるコンソールを開発および製造しています。
世界中の市場に向けて、小型~大型車、高級車、SUVまで幅広く供給しています。

技術の特長

  • CAEを活用し、高剛性と軽量化を両立します。
  • ひじかけの角度、表皮のタッチ感など、ユーザーの感性を重視します。
  • 樹脂ヒンジを採用するなど、金属レスでリサイクル性に優れた工法を採用しています。

CAE(Computer Aided Engineering):研究・開発工程において行われる実際の素材を用いた試作品によるテストや実験に代わり、コンピューター上に疑似的に再現した試作品でシミュレーション解析を行う技術。

適用事例

写真:コンソールボックス

自動車のコンソールボックス

ドリンクホルダー

コーヒーの紙コップ、ペットボトル、特大の樹脂ボトルなど、市場のニーズやトレンドに応じて、さまざまな形状のドリンクホルダーを提案しています。

写真:ドリンクホルダー

加飾シャッター

コンソールボックスは、ヒンジによる開閉型だけでなく、シャッター型もあります。表面には加飾シートが一体成形されます。

写真:コンソールボックス

樹脂ヒンジ

金属部品を使わないオール樹脂のヒンジも手掛けています。組立性はもちろん、リサイクルの観点でも優れています。

写真:金属ヒンジと樹脂ヒンジ
ページトップへ

ページトップ